Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

スノーボード

かぐらスキー場 ラスト

ようやく2017スノーシーズンのゴールが見えてきました。目

 

2月のシーズンインから1ヶ月の沈黙を経てw

ほとんど3月から滑り始めたような感じですが

2月から滑り始めたので感覚的には12月〜3月まで滑る人と滑っている期間は一緒です!

 

 

 

スノーシーズン最終日の朝はお馴染みの旅の宿 たくみの里にて迎えました。晴れ

 

 

 

 

毎回、同じ画像ぢゃアレなんで少しずらしてみました。

あまりに車中泊に適したところなんで7時間ほど熟睡。おやすみ

 

 

 

 

 

みつまたロープウェイ山麓駅に到着です。

アホは自分だけぢゃなかったみたいで一安心。感謝

 

 

 

 

 

 

ロープウェイでみつまたエリアに上がってみると

先週の残っていた雪は解けてしまったようですね。

サマーゲレンデ脇にはブラシのコブ斜面が出現ww

ホント好きだね?

 

 

 

 

樹氷もいいけど新緑の間を抜けるリフトもなかなか気分がよくなります。

 

 

 

 

 

かぐらエリア到着!

モーグルバーンはこの前の日曜日で撤去されました。

コブ斜面では土が見えているところも多々ありますが一枚バーンの方は問題なし。

積雪量に恵まれているのでこの時期まで滑れるのはもちろんですが

この積雪量を維持するスタッフさんにホント感謝です。感謝

 

 

 

 

 

 

 

右側がモーグルバーン跡地w

右レーンのコブは難易度が半端なくて

最初の1回目以外は全部はじかれた。ヘタレ

全体的に難しいコブなんですが1ヶ所だけ猛烈にタイトになっていて

ターンした瞬間にノーズが詰まったww

ジャンプして1個飛ばすって方法もあるけど

それをやっていたらいつまで経ってもクリアできないんで

上手く滑るというよりも壁を乗り越える方法を模索している。

 

最初に滑ったときはどういう風にクリアしたか覚えてなくて

かなりバランスを崩した状態を維持しながら?

なんとか踏ん張って持ちこたえただけでキレイな滑りではなかったんですけどね。

減速要素がなくなってしまうが一時的にバンクターンを入れたほうがいいかもしれない。

タイトなのでバンクターンというよりもボブスレーターン?といった方がいいですねw

 

滅多にお目にかかれないコブなので引き出しとして持っていても

いざって言うときに使えなさそうな技かも(爆)

 

 

 

 

 

どこ行っても縦溝しかないww

コブは浅い方がラクだと思っていたが

深くなってくれた方が減速要素がでてくるので有り難かった。ビックリ

 

コブレッスン中のスキーイントラさんも

この日のコブは滑りにくいとか言ってた。(盗み聞きw)

自分だけぢゃなかったんだ、良かったよかった。

春になると現れる例のヤツが少し出ていたのも影響しているんですかね?

コブに弾かれたときテールにネチョっとした感覚があった。

 

 

 

 

そして、らんちはレストランかぐらにて。

 

 

 

 

冷やしとろろそばをチョイス。

何しろ特に午前中は暑かったもんでね。

PP兄さんが戸狩に行ったときのような晴天だったのと

冬用ウエアで臨んだというのもあって冷たいものが食べたかった。

 

過去にはかぐらに来ると風邪を引くことがあった。

午後に入るとかなり冷えてくるので薄着のままだとちょい厳しくて

インナーは薄着だったけどウエアのベンチレーションは全閉でちょうどよかった。

 

 

 

 

 

何故かとろろそばにオクラが入っている。

ネバネバ系は2つ入れなくていいと思うんだけど…わからない

まぁ美味しかったんで良かったんですが。。

 

春ということでこのあとは爆睡。。眠い

 

 

起き上がってからはリフトが止まるまで滑り倒した!

あんまり収穫はなかったけどスケーティングのコツが掴めた。←今さら感が半端ないw

 

 

べー

 

 

 

  • 2017.05.26 Friday
  • 19:36

-

スポンサーサイト

  • 2017.07.19 Wednesday
  • 19:36
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback