Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

社会

南相馬市、避難指示解除延期か?

先週、政府の原子力災害現地対策本部は予定通り
本年4月に避難区域解除する旨を南相馬市に通知してきました。
4月に解除する気があるんなら何で今頃?と思ったのですが
ちょちょっと説明会を開けば解除できると思ったんですかね?

福島第1原発周辺の自治体の避難解除は少しずつ進んでいますが
今回のは居住制限区域(年間20〜50mSv) の地域としては初の解除になるので
報道陣の数がものすごく多いというのが画像を通してでもよくわかる。
除染の効果で20mSvを下回るのが確実というのが解除の理由らしいが
法律は1ミリですよね、ねぇ環境の日も知らない環境大臣?w

先日の『反放射能派がわーわー騒いだ!』とか『1ミリは科学的根拠がない!』
などと詭弁を構えたのもおそらく南相馬市の避難解除を睨んでのことだったと
真っ先に思ったんですが、その辺の記事は全く見当たりませんでした。

執行部より大臣の口からそういうことを言うように促されていたんじゃないか?
とさえ思ってしまう。
しかし、大臣が講演にて『わーわー』とか言うなよw
別の表現があると思うのだけどレベルがよくわかるわ。


また、政府の言う放射線量というのもいい加減なものでして
屋外8時間、屋内16時間を想定して屋内にいれば60%も放射線量が低減するとしている。
実際には…
屋外は除染の効果で放射線量が下り、屋内は除染をしてくれないので高いまま。
もうお分かりですね?
除染直後は屋内の方が放射線量が高くなってしまう逆転現象まで起きていることが報告されている。
まぁ、当たり前といえば当たり前ですけどね。

さらに阿武隈高地から吹き降ろす風に乗って放射性物質が運ばれてきますが
森林除染をしないもんだから除染の効果は限定的に過ぎないでしょう。
これでは住民が解除に反対するのも無理はないと思いますね。
ただ、解除しないと復興が進まない!
いや、住めるようにならないと解除できない!
非常に難しい局面を迎えてますね。



と避難で苦しい生活を強いられている人々を尻目に高浜4号機が本日再稼動されました。

『 福島の教訓を生かした安全基準 』とはどの面下げて言ったのでしょうか?
燃料が解け落ちても冷却できる設備ゃ爆発しても放射能汚染をさせないとか
できているんでしょうかね?

そういうと、そうならないように万全の態勢を整えていると答えるんでしょうね。
なんかどっかで聞いたことあるような…





爆発で死者が出ていた模様です。
って当然か?


べー
  • 2016.02.26 Friday
  • 21:53

-

スポンサーサイト

  • 2017.11.20 Monday
  • 21:53
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback