Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

日常

限定の商品にトライしてみた

最近は日本酒をメインに飲んでいましたが
限定の商品が出たようなのでトライしてみました。






まずは一番搾り・とれたてホップから。
だいぶ前からその存在には気付いていましたが
6個パックでしか売っていなくて単品購入ができなかったので飲んでいませんでした。
ところが単品でも売るようになったのでレッツ トライ。

遠野産ホップを使用となっているが果たしてそれだけで何が違う?と思っていた。
一番搾りのイメージを維持しつつもホップの香りがフワァ〜としていい感じに仕上がってます。
通常の一番搾りよりは若干軽めで苦味も抑えているような感じですね。
個人的には とれたてホップ の方がいいかな?
通常の一番搾りも悪くはありませんが…

ナカナカいいものを造ったなぁ〜と感心。







続きまして、またまたキリンの冬のどごしを頂きました。

飲む順番を間違えてしまったかもしれませんね。
一番搾りのあとでは少し厳しいか?
通常版ののどごしは麦芽不使用の第3のビールと呼ばれるものでありましたが
こちらは麦芽を使い新ジャンルになっています。
いい加減に新ジャンルに代わる名称を考えて欲しいものですねw

なんか最近は香り華やぐビール(ま〇゛いもの含む)が多くないですか?
本当に香る商品は少数ですが…w
で、この商品はわずかながら香りますが感じない人もいる事でしょう。
特に美味いわけでもそうでないわけでもなく、印象がうすい商品ですね。
もっと香る商品にすれば存在価値が生まれるのに残念ですね。

限定商品を出せば買うとでも思っているんでしょうか?
ぇ?足元を見られてる?ww






さて、お次はサッポロビールの百年麦芽。
某キリンビアマイスター氏によるとリピしてもいい!というお墨付きだが…

コチラの商品も新ジャンルという位置づけなのだが
麦とホップと比較すると少しドライな感じではあるがこれは美味いね。
『ビールと間違えるほどの美味さ』のコピーで麦とホップが売られているが
これはさらに進化した感じじゃね?
でも、芳醇なうまみってほどでもないけど…わからない

極てっつ的には新ジャンルの第1世代は
とりま制約があるなか格安のビールもどきを造りました。

第2世代は安いから我慢するか?ではなく
そこそこ飲めるものを造るようになった。
特にアルコール臭をあまり感じないのが当たり前になった。

そして、その域から少しはみ出たような感じがするのが百年麦芽。
これを第3世代と言っていいのかどうかわからんが
今後の商品造りを期待してしまいます。
酒税法改正が先か?美味いものを造るのが先か?


べー
  • 2014.11.16 Sunday
  • 00:48

-

スポンサーサイト

  • 2017.07.19 Wednesday
  • 00:48
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
>某キリンビアマイスターさん

そうでしたね。
もしかしてだけど…リピしてやってあげてもいいかもしれないって思ってあげてもいいかな?w
くらいの感じでした。
  • 細々仙人
  • 2014/11/19 3:26 PM
ちょっと違いますねー


リピしてやってもいい


ですw
  • 某キリンビアマイスター
  • 2014/11/18 9:57 PM
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback